レトロな雰囲気の初代インターフォン

弊社には色々なモデルのインターフォンが色々な理由でお客様から送られてきます。

モデル、使われた期間や使われ方など千差万別ですが、これを見るととてもうれしくなります。

20160909_00.jpg
2007年にから販売を始めた「インターフォン」。

最近の製品は「インターフォンFのXX」と後ろになにか番号がつきますが、当時はただの「インターフォン」。お客様にはそのままではわかりにくいので「無印インターフォン」とか「インターフォンクラシック」と言うこともあります。名前だけでは間違える恐れがあり、アクセサリーは部品を間違えてご案内すると、大変な事になるため、念のため「前方後円墳」とか「落花生を半分に割った....」と言って、名前以外の方法で確認するようにしています。

スペックは

インカム通話:最大150m
連続通話可能時間」:8時間
音楽再生機能:なし
スピーカー:左側のみ

今考えるとややお粗末な製品ですが、無線タイプのインカムの最初の製品だったので、十分画期的でした。

セルラーラインのインターフォンの素晴らしいところは、この最初のモデルから風切り音を除去するDSP機能と、速度に応じて音量が自動的に調整されるAGC機能が装備されていたこと。もちろん、これらの機能は今はさらにブラッシュアップされ、「バイクで走行中に通話する」機能性能は他社製品の追随を許さない自信があります。もちろんその他の機能も、購入されたお客様から絶賛されています。

今回送られてきたのは電池交換依頼だったので、いつも通りまず機能検査。全てが正常なら、電池を交換し、再度機能検査を行います。最後に、新しい電池がちゃんと充電されることを確認して終了です。このインターフォンは何の異常も無かったので、無事お客様のもとに返送いたしました。(尚、インターフォンの電池交換は有料サービスですが、このクラシックは\6,800(税込)、それ以外は\7,800(税込)となっています。)

クラシックをまだお使いの方は大体このシンプルさがとコンパクトな外観が好きな人が多いようです。但し、この世代の製品はペアリング方法が結構複雑なので、たまに機能チェックするときに思い出せない事があります。

ちなみに、インターフォンが発売された2007年1月は、iPhoneが発売された時でもあります。iPhoneも初代の製品には後ろに番号が付いていないただの「iPhone」なんとなく親近感わきますね。いま初代のiPhoneを使っている人はいないとおもいますが、同じ歳のインターフォンクラシック、まだ現役マシンと言うのは奇跡かもしれません。

by ぶ
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

Re:レトロな雰囲気の初代インターフォン

私も初代インターフォンを利用していた一人です
音楽が聴けず、インカム通話(使うことはありませんでした)と携帯通話のみの物でしたが、バイク便の仕事ではとても頼もしい相棒でした
台風のような大雨の中でも故障知らずで、高速道路上でも会社からの電話を受けることができ(これ、結構重要)、ブルートゥース通話の便利さを教えられた貴重な一台です
いまだに充電すれば使えるタフさは他のメーカーの追随を許さないものだと自信を持って言えます
そのこともあり、現在はF5とF5MCの2台を使用しています
現在の仕事柄(バイク用品の販売)、お客様へインカムをご案内する機会が多いのですが、インターフォンの防水性の高さ、操作性の良さは必ずお話しさせていただいてます
店長の意向により店頭在庫を置いていないのは申し訳ないのですが、興味を示されたお客様には「お取り寄せできますよ」と必ずご案内しております
MIDLANDやSENAが新型をリリースしているので、インターフォンの新型が出ることを期待しております

クマモト様、

 コメント大変ありがとうございます。初代からF5、そしてF5MCと歴代モデルをご利用いただきありがとうございます。デジタル情報機器ですからその性能の進化は目を見張るもの有り、インカム通話距離だけ見ても初代が150m、そしてF5,F5MCでは1,300m、現在のTOURは1,500mと伸びており、最大2名だったインカム同時通話台数も4台に増え、音楽を聞く機能、音楽を複数台のインカムでシェアしたり、音声ガイドで操作がわかり易くなるなど、大変進化しています。
 その中で、セルラーラインの製品は、常にクリアな音でインカム通話ができる事、そしてツーリングギアとして信頼し、長期間お使いいただける事を大切に考えていることは、販売に従事する者として誇りであり、またその責任の一旦を担うことは重責であると認識し日々の業務にあたっています。

 各販売店は展示スペースの制限があり、必ずしもインターフォンを在庫販売していただけない場合が有ることもございます。また、ライダーのバイクの方は千差万別で、インカム製品にもそれぞれの方向性があり、一つの製品が全てのお客様のニーズを満足する事はできません。インカムは廉価な商品では有りませんので、購入されたお客様が期待通りのもので有ることが重要だと思います。今後も是非お客様の要望を理解し、インターフォンの特性にマッチするお客様がいらっしゃれば、ご案内いただけますようお願いいたします。

 尚、2016年の新製品のご案内が弊社HPでされていませんが、ブロクやメディアでは沢山ご紹介いただいておりますので、リンクをご案内いたします。

http://toyosangyo.blog52.fc2.com/blog-entry-513.html

 今後ともインターフォンをご愛用いただけますようお願いいたします。
プロフィール

toyosangyoltd

Author:toyosangyoltd
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR