スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インターフォンって走行中どんな音で聞こえる??(その1)

販売店のデモ機やイベント等で、インターフォンの音を既に聞いたことがある人は多いと思いますが、「止まってたら聞こえるけど、走ってたら絶対に聞こえないよね~」と言う声を耳にします。いろんな方法でそれに近い事を体験してはもらっていますが、本来は実際に体験していただくしかない。

で、簡単に聞いてもらえるのがバイク番組。これまでは撮影中にライダーやカメラマンの連絡やおしゃべりに使われていたインカムですが、最近は放送でもその声も聞こえるようになっています。昔は走行シーンの音声は解説をアフレコで入れたりする事が多かったのですが、最近は多人数通話の機能を使い、リアルな通話音声を録音、放送に使うようになりました。

20161225.jpg

週間バイクTV(千葉テレ)では2016年夏以降インターフォンが登場していますが、その様子が動画サイトにアップされたのでご紹介します。



筑波1000のニューモデル試乗会で、ライダーとピットの通話の音が聞こえます(スタートから5分45秒辺りから)。あいにくのレインですがそれなりの速度。普通ならロードノイズやエンジン音も聞こえますが、インターフォンを使った収録では「人間の声」だけがハッキリと聞こえます。

これは普通の放送用のマイクと違ってインターフォンが人間の声だけ聞こえる様に作られているからです。(なお、特殊な後処理をして風の音やノイズを消す等のマジックのような事はしていません。) もちろん、放送で使っているマイクではないので、アナウンサーが話している声の様に切れじゃないけど、ある程度自然で、無線機の様に「ザー」と言う雑音やノイズもなく、二人が自然に話せているのはわかります。

実力はもっと高い高速域発揮出来ますが、とりあえずこんな音がすると言うのはお聞きいただけたと思います。その後実際のツーリングシーン撮影でも使われているので、追ってご紹介いたします。

皆様、メリークリスマス。

by ぶ
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

toyosangyoltd

Author:toyosangyoltd
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。